トリニティーラインの成分は危険?安全性を徹底リサーチ♥

トリニティーラインの成分は安全なのか徹底リサーチ!

 

あらゆるエイジングサインの悩みをスピーディーに解消・予防できると話題のトリニティーライン プレミアムジェルクリーム♥

 

品質や効果の高さ、安全性などが世界的にも認可され、8年連続でモンドセレクションを受賞しているこの逸品は、果たして安全な成分で製法されているのでしょうか?
ここでは、話題のトリニティーライン ジェルクリームプレミアムの成分にフォーカスして、安全性を徹底検証していきたいと思います!

 

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの全成分をチェック!

 

シラカンバ樹液、BG、グリセリン、スクワラン、水添レシチン、メチルグルセス-10、DPG、ベタイン、セラミド2、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、マルチトール、ダイズステロール、PEG-32 、イソステアリン酸、バチルアルコール、イソステアリルアルコール、ポリクオタニウム-61、PVP、セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCl、ロイシン、グルタミン酸、プロリン、カンゾウ根エキス、オトギリソウエキス、クチナシエキス、ゼニアオイ花エキス、水酸化K、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、セスキイソステアリン酸ソルビタン、HEDTA-3Na、ポリメタクリル酸メチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム

 

こちらがトリニティーライン ジェルクリームプレミアムの全成分!
95%が美容成分でできているので、エイジングサインへのスピーディーな効果が期待できるんですね♥

 

さっそく、トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの代表的な成分の特徴をチェックしてみましょう!

 

シラカンバ樹液

古くから、薬効に優れた効果があると言われているシラカンバ樹液。
引きしめ成分のタンニン、お肌の血行を促進するサポニン、美白成分の代表的なポジションに位置しているビタミンCなどが高含有されています。

 

トリニティーラインジェルクリームプレミアムを使用すると、シラカンバ樹液の豊富なアプローチによって、毛穴が引き締まったり、肌色が健やかになったり、くすみを明るく見せる効果が期待できるんです。

 

ツボクサエキス

自然界に自生している植物、ツボクサから抽出されたエキスで、 紫外線を受けることによって発生するメラニン生成をブロックし、高い抗酸化作用によって今あるシミや色素沈着を緩和する効果が期待できます。

 

お肌内部にもともと存在しているセラミドが減少するのを防ぎ、ハリツヤをもたらすあのコラーゲンを合成できるチカラを持っているため、お肌の内側から弾力のある肌質へと整えてくれます。

 

セラミド2

デリケートな肌質を強化する効果で、多くの敏感肌専用化粧品に配合されています。

 

セラミド2がお肌に浸透すると、角質層の隙間をうるおいで密着させる接着剤のようなはたらきをします。
高い保水作用によって、お肌を乾燥から守り、長時間の保湿効果を持続してくれます。

 

加水分解コラーゲン

コラーゲンは、もともとわたしたちの肌内部に存在している成分ですが、年齢を重ねるとともに減少してしまう性質を持ちます。
加水分解コラーゲンは、分子がとても細かいため、お肌への浸透がスピーディーなことからハリやツヤの効果が早めに実感できます。

 

また、角質自体をやわらかくする作用があるため、お肌のゴワつきをなくし、なめらかに整える効果も期待されています。

 

加水分解ヒアルロン酸

1gあたり6lもの水分量を保持する、保湿成分の代表。
お肌への浸透がスムーズな分子の細かい加水分解ヒアルロン酸のはたらきによって、お肌のうるおいを閉じ込め乾燥ダメージを緩和・予防します。

 

カンゾウ根エキス

和漢植物のなかでも、もっとも美白作用が高いことで知られているカンゾウ根エキス。
紫外線を受けたことによって発生するメラニンの発生を抑え、今あるシミを薄くしたり、これからできるシミを予防する効果に優れています。

 

オトギリソウエキス

古い時代から、お肌の傷の修復効果が高いことで親しまれてきたオトギリソウエキスは、デリケートな肌質にも安心して使用できる安全性が認可されています。
デリケートな肌質をいたわりながら、お肌に必要なうるおいを与えることで、内側からの弾力にアプローチします。

 

クチナシエキス

抗炎症作用に優れたクチナシエキスは、アトピーやニキビ、アレルギー肌に特化された化粧品にも多く配合されています。
日焼けや摩擦、刺激によるお肌のダメージをいたわり、スピーディーに修復しながら、肌質の強化にもアプローチできる成分となっています。

 

ゼニアオイ花エキス

抽出されるエキスが濃厚で、こっくりとしていることから、お肌への保湿効果がバツグンに高い成分となっています。
ゼニアオイ花エキスがお肌に浸透すると、乾燥したパーツにピタッと密着し、うるおいのベールでお肌をなめらかに仕上げてくれます。

 

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの成分に危険性は!?

 

トリニティーラインジェルクリームプレミアムには、エイジングケア・肌荒れケア・美白・保湿といった、美肌に必要な成分が贅沢に配合されていることがわかりましたね♪
では、トリニティーラインジェルクリームプレミアムの成分に危険性があるとすると、どんな心配があるのでしょうか…!?

 

BG

極度にデリケートな肌質の場合、BGは刺激を与えてしまう危険性があると言われています。

フェノキシエタノール

アレルギーを起こしたり、紫外線を吸収してしまうことで肌荒れにつながることがあると言われている成分です。

カルボマー

お肌への危険性は少ない成分ですが、カルボマーはモロモロが出てしまう原因の成分となっています。

 

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムは安心・安全なオールインワン♥

 

トリニティーラインジェルクリームプレミアムには、いくつかの添加物が配合されていますが、口コミなどでは重大な副作用があったとの報告はなく、安心・安全に使用できることが公式ホームページでも提示されています。

 

ただ、完全な無添加ではないオールインワン商品のため、使用の前には肌質にかかわらず、パッチテストを行って、お肌のコンディションを確認しながらケアすることをオススメします♪

 

トリニティーラインジェルクリームプレミアムのやさしさへのこだわり

トリニティーラインジェルクリームプレミアムは次のようなこだわりを持って製法されています。

  • 無香料・無着色
  • ノンアルコール
  • アレルギー・パッチテストクリア
  • 乾燥性敏感肌の人によるパッチテストクリア

 

おわりに

トリニティーラインジェルクリームプレミアムの成分にフォーカスを当てて、ほぼ安全な商品であることをご紹介してきました。
リピーターがあとを絶たないトリニティーラインジェルクリームプレミアムであれば、安心してエイジングサインの改善・予防に役立つこと、間違いありません♥

関連ページ

トリニティーラインの最安値購入方法(半額)をまだ知らないの?
トリニティーラインを最安値でゲットするには、あるサイトのあるプランに申し込みます。そしてアレをすれば、半額で購入できてしまいます。その裏技についてコッソリとお教えしますよ♪
愛用者に聞いた!トリニティーラインのシミ改善・予防の効果!?
トリニティーラインのシミ改善・予防の効果を愛用者に聞いてみた!その結果、驚くべき結論が!シミに効く成分、使い方についても解説しちゃう♪
トリニティーライン効果なしって本当?実際に使ってみた結果!ショック・・
ネット上では「トリニティーラインは効果なし!」との口コミが多数!本当にトリニティーラインは効果なしなのか?実際に使ってみた私のレビューとともに「トリニティーラインは効果なし」の口コミについて検証!